読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むとうゆたかのありがと横丁☆

essayist, copywriter and blog writer. ネコ大好き。カフェ好き。代表ならなんでも好き。フリーランスの、エッセイスト。コピー。仕事の話や私的なメッセージはspontaneusly1969@gmail.comまで。

広報になるのかい?記者さん。

古くから変わらないものがある。癒着と政治家だ。

どの時代、どの国でも行われている。民主主義

の暗黒面だ。それでも、暴動やクーデターが

起きないケースがある。民衆に十分に

お金が渡されている場合だ。生活が

安定して入れば、不満はおきない。

だが、メディアを抱き込み、統制を

する偽りの平和や平穏は嘘だ。

猪瀬知事も、舛添知事も、反対しなかった

豊洲の盛り土、汚染水、公害を

小池知事が初めて明るみに出している。

これが政治家の役割であり、資質だ。

情報を公開して、透明を増せば

ある程度防げる。党派に関係なく、

有能な政治家がトップに立てば、

公務員は動く。リーダー次第なのなのだ。

 

民間はどうかと問われれば、民間も酷いものだ。

このローマから続く、腐敗はずっと続いている。

マスメディアは大衆にこれを伝える

義務がある。抱き込まれて、会食する

ようではだめだ。ある程度距離を置き、

一定の緊張感がメディアとの間には

必要だ。新聞の矜持が観たい。

新聞は政治家の犬ではない。

広報になりたかったらどうぞ。

でもそれはジャーナリズムとは言わない。

何もかもが握られ、オリンピックは

利権だらけだ。だが人々の良心が

素晴らしいオリンピックに変えられる。

全てを抵抗できなくしたら、

それは「ナチス」である。

広告を非表示にする