むとうゆたかのありがと横丁☆

essayist, copywriter and blog writer. ネコ大好き。カフェ好き。代表ならなんでも好き。フリーランスの、エッセイスト。コピー。仕事の話や私的なメッセージはspontaneusly1969@gmail.comまで。

フリーとディストピアの近未来。うっ吐き気がするぜ。

本をよく読む。今回は「the Zero」という

破壊的イノベーションについて、書かれた本だ。

シェアとフリーに関して、書かれているが、

インターネットによって、広告が要らなくなり

、低価格になり、レビューや口コミが主体となること。

(これは、もう兆候が出ている。モバイルの広告費

はネットの10/1だそうだ、テレビは言いたくない)

太陽電池風力発電でエネルギーがフリーに

なること。クラウドの台頭により、ビックデーターか

らの人工知能の発達により、運転や工場、サービス業

が自動化すること。もちろん従来の人間は

いらなくなる。破壊的イノベーションだ。

資本主義が変わると筆者は楽観的だが、

この本は重要な視点を欠いている。

監視社会「ディストピア」の到来だ。

最近だと、国民総背番号制度「マイナンバー」

監視カメラ、ポイントカード、アプリのデーター化。

つまり、「楽になるけど、職と全て監視されるよ」

ということなのだ。未来のぼくらの、自由な世界は、

どうやら3Dゴーグルの中の世界だけらしい。うっ、

吐き気がでた。

 

 

広告を非表示にする