むとうゆたかのありがと横丁☆

essayist, copywriter and blog writer. ネコ大好き。カフェ好き。代表ならなんでも好き。フリーランスの、エッセイスト。コピー。仕事の話や私的なメッセージはspontaneusly1969@gmail.comまで。

tokyo散策。

僕は電車から降りた。

人混みが行き交う。みんなどこに向かうのだろう。

笑顔にする街、渋谷。原宿と渋谷は、

降り立った人が何故か笑顔である。

 

派手な広告と適度に外国の方がカメラを向ける。

ちょっと脇道に向かうと、美味しそうな

カフェや食堂があった。さっそく席に座る。

「渋谷はいつ来ても、変化してるよな」

「ああ、おもしろいね。買い物も楽しいし」

スパゲティペペロンチーノとトマトボール

を2つ。店員に告げる。

 

「日本の活気が感じられないか?ここにくると

不安がなくなる」

「そうだよな。代々木公園もそうだ」

「結構広告がこの渋谷で実験を試みて

いるんだよ、そこが変化を生んでいる」

「観光客を惹きつけられなくなったら

終わりだよな、それはある」

 

おまたせしました。パスタがきた。

「店舗の新陳代謝もある程度必要だよな、

新宿は停滞気味だ」

「新しい店やリニューアルはあるといいよ」

「銀座はどうだ」

「あそこは格式があるから、人を選ぶ」

「そうだな、それはあるな」

二人は一通り食べ終わると、店をあとにした。

 

広告を非表示にする