むとうゆたかのありがと横丁☆

essayist, copywriter and blog writer. ネコ大好き。カフェ好き。代表ならなんでも好き。フリーランスの、エッセイスト。コピー。仕事の話や私的なメッセージはspontaneusly1969@gmail.comまで。

普段着で地震を観ている。

地震が止まらない。これは住民や日本にとって

精神的に厳しいのではないか。僕はそう

感じていた。twitterfacebookもタイムライン

がほとんど震災の記事であり、書き込みであり

 

テレビのニュースも震災の記事ばかりだ。

問題なことは、地震が起きたというより、

地震が止まらないということも厳しい

ことだ。止まらないから現地の警戒が

解けない。止まらないから援助活動

が厳しくなる。さらに家に帰れないことだ。

家というのは、アパート6-8畳の部屋でも

安全基地として、たいせつだ。

僕には帰るところがあるんだ。とアムロ

映画の終わりにつぶやいたが、最近

本当にそうだと思う。

住居に感謝。今日も月が私を照らしている。

f:id:yutakaarigato:20160420233931j:plain

広告を非表示にする