むとうゆたかのありがと横丁☆

essayist, copywriter and blog writer. ネコ大好き。カフェ好き。代表ならなんでも好き。フリーランスの、エッセイスト。コピー。仕事の話や私的なメッセージはspontaneusly1969@gmail.comまで。

この国の改善点は、まだかなりある。

もう今月も終わろうとしている。

時間の経過が早い。力んで急ぐ人々もいれば、

まったりとコーヒーを、飲む人もいる。

「自由」という言葉には、人を引き付ける

魅力があるストロングワードだ。

だが正確には「法の範囲内での自由」である。

法は社会をかたちつくっている。

だが、自由度はこの日本においては

かなり確保されている。

罪というのは、法を違反したときだ。

いや宗教の教えからはなれたときだと

倫理を言う方もいるだろう。

先日、若い層の犯罪が減っている

というグラフをみた。若い人は

犯罪をおかすことをまったく

自分にとって不利益だと考えて判断

しているのだろう。治安は良くなって

いるのである。貧困はどうか。

シングルマザーの貧困は厳しい状態だ。

風俗を取材した記事には、勤務している

若い女性にシングルマザーの子が多い

ということだった。保育所

少ないと怒っていた方もいた。

まだまだ、この国は問題が多い。

改善できるところがかなりある。

人口減と高齢化社会の到来は

ひたひたと我々の近くに

来ている。

広告を非表示にする