むとうゆたかのありがと横丁☆

essayist, copywriter and blog writer. ネコ大好き。カフェ好き。代表ならなんでも好き。フリーランスの、エッセイスト。コピー。仕事の話や私的なメッセージはspontaneusly1969@gmail.comまで。

北風と太陽を現代の交渉に、当てはめてみる。

  北風と太陽という童話がある。厳しい北風を
吹かすと余計に服を着込み、暖かい南風を太陽が
吹かすと服を脱ぐという童話だ。今日の交渉は
主にwin-winか、ゼロサムwin-loseになっている。
これはあてはめるとどういうことだろうか。

恩義という言葉もある。与えたり、優しくしたり、
することは、相手は覚えているのではないか。
すると返そうとする。そうすると相手は
できる範囲で返礼をする。贈与理論だ。
やはり私は太陽が好きらしい。win-winは
当然として、その上でたくさん相手に与えたい。
きっと相手は、応えてくれる、変化する。
そんな交渉が、私は好みなんだ。
広告を非表示にする